×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

子供の視力〜弱視

子供の視力は、大人と比べると不安定です。左右の視力に違いがですと弱視になることがあります。子供の視力が悪く弱視の場合はちゃんとピントがあった状態でしっかり物を見ることで、目から入った情報を脳に伝える機能を鍛えていくのがよいです。子供の視力の左右があまりにも違いすぎると、見えない方の目は使わなくなるので弱視になります。




>> 子供用アイパッチや子供の視力に関する書籍など、おすすめのアイテムはこちら★

子供の視力〜弱視の治し方

子供の視力が悪く、片方だけ弱視の場合は、子供の視力のいい方の目をアイパッチというもので隠して子供の視力が悪いほうの目だけで物をじっと見る訓練をします。(我が家の場合はテレビゲームが役立ちました。子供の視力にとっては一日6時間くらい訓練した方がいいそうです)ちなみに、この子供の視力訓練は視力回復センターではなく、小児眼科で視能訓練士がいるところで指導を受けました。結果、子供の視力は裸眼1.0まで回復しました。

子供の視力をよくする方法

子供の視力は、生活習慣も大いに関係してると思います。子供の視力が生活習慣の改善により回復するかどうかは眼科医でも両論ありますが、全くのゼロではないと思われます。子供の視力のために@:ブルーベリーなどアントシアニンを含むものを食べる。(朝ヨーグルトに混ぜて食べてます)子供の視力のためにA: 星や遠くの山を見てボーとする。子供の視力のためにB: 本を近くで読んで遠くを見るという「遠近」を交互に見る運動。(目の筋肉が鍛えられるらしい)子供の視力のためにC:姿勢をよくして、頭に行く血流がスムーズになるように背中を伸ばす

Copyright © 2007-2009 子供の視力をまもる会〜子供の視力をよくしよう!

【プライバシーポリシー】当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった
汎用技術を用いています。取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。